水回りリフォームのことなら水回りリフォームなび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-594

スタッフ待機中

24時間365日水回りリフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-594

水回りリフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介お申し込み

2015-2-10

和式トイレの欠点

日本で昔から広く使われていた和式トイレですが、最近は洋式トイレに取って代わられて、公共施設でも新設されるトイレが 洋式トイレのものが多くなってきています。 これは、和式トイレ特有の使いにくさが嫌われている事も理由の一つですが、洋式トイレが節水仕様の物が多く販売されていることも理由の 一つかもしれません。 利用者側からすれば、特に若い世代は洋式トイレを子供の頃から使っており、むしろ和式便器のほうが使いにくいという事もあるようで、 若い世代になるほど和式トイレの人気は下がり、反面洋式トイレの人気が上昇します。 これと反比例するかのように、年齢が高くなるにつれて和式トイレの方が利用しやすいと答える人が多いのも事実です。 しかし、和式トイレは腰をかがめて利用する必要があるので足腰が弱くなっている高齢者には厳しいという一面があるため、バリアフリー リフォームの際に和式トイレを洋式トイレに更新するという事例も増えています。 今後も和式トイレの需要は減り続け、洋式トイレの数が増えていくと思われますが、和式トイレを全て洋式トイレに更新するには中々困難なものもあります。 そこで、最近では和式トイレに洋式トイレの便座部分を合体させるような簡易改造が行われることもあるようです。 もし、ご自宅の和式トイレを洋式トイレに安く、手軽に変更したいとお考えの方はこれらの改造をご依頼されることをお勧めします。

バックナンバー

このページのトップに戻る