水回りリフォームのことなら水回りリフォームなび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-594

スタッフ待機中

24時間365日水回りリフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-594

水回りリフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介お申し込み

2015-11-3

カビに悩まされないリフォーム

お風呂場は、家の中でも一番湿気のこもりやすい場所と言っても過言ではありません。湿気があるということは、カビも生えやすいということで、多くの方がその処置についてお困りなのではないでしょうか。 特に、タイル張りのお風呂場のカビ対策は苦労されていると思います。 タイル自体は陶磁器の一種ですから、表面がなめらかで、また隙間の無い構造をしています。一方、タイルの目地材にはセメントなどが使われており、こちらは目には見えないのですが、細かな穴が沢山開いていて、ここにカビが繁殖します。 タイル表面のカビについては、表面に乗っているだけなので、簡単に落とすことができますが、タイルの目地に生えたカビはとても厄介です。カビは菌糸といって、植物の根のような構造を自分の周囲に張り巡らせます。表面のカビをこすり落としても、菌糸が残っている限り、そこから再生していつまでたってもカビを除去することはできません。 そこでオススメしたいのが、ユニットバスへの交換です。樹脂パネルを組み合わせて作られたユニットバスは、カビの生えにくい構造をしています。また、最近の製品ではパネルなどに抗菌処理が施されていて、カビの発生を抑制することが可能となっているものも多いです。浴槽まで一体成型されているので、浴槽の下や横の隙間などが無く、その部分のカビの心配をする必要が無いというのも、カビ対策には打って付けです。 一方、湿気はこもりやすいことに変わりはないので、キチンと換気口や窓の設置についてご相談されることをオススメします。

バックナンバー

このページのトップに戻る