水回りリフォームのことなら水回りリフォームなび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-594

スタッフ待機中

24時間365日水回りリフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-594

水回りリフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介お申し込み

2015-12-15

トイレのリフォームに失敗しないために

トイレは私たちが生活していくうえで必要不可欠です。トイレが古い、汚いと不衛生に感じてリフォームを考える方も多いと思います。リフォームをする際は、ただキレイにすることだけを考えていては失敗してしまうので注意が必要です。今回はトイレのリフォームでの失敗例をご紹介したいと思います。まずは、手を拭くタオルを掛けておくためのタオル掛けの位置です。一般家庭のトイレは空間が狭く、タンクに手洗いが付いている便器が多いと思いますが、タンクからタオル掛けの位置が遠いと濡れた手を移動させたときに、便座や床に水滴が垂れてしまいます。水滴が垂れるたびに拭くのは面倒ですし、気持ちのいいものではありません。次に、新しく取り付けた便器が空間に対して大きすぎることです。便器が大きすぎると、床の掃除がしにくい、便器の後ろ側まで手が届かずに掃除ができないなど毎日の掃除が大変になります。他にも、トイレットペーパーを収納するために吊り戸棚を取り付けたら、座ったままでは手が届かないので不便に感じたり、廊下との段差をなくすために高さを上げたら、ドアが内開きなのでスリッパやマットが引っかかるなどの失敗があります。失敗しないためにも、空間に対する便器の大きさ、掃除のしやすさ、動線などをよく考えてみましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る