水回りリフォームのことなら水回りリフォームなび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-594

スタッフ待機中

24時間365日水回りリフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-594

水回りリフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介お申し込み

2016-3-3

トイレリフォームの傾向と注意点

家の中でも使用頻度が高いトイレは、汚れたり傷み具合も早いことはご存知でしょう。そのため、トイレのポイントリフォームをする家庭が非常に増えているようです。ポイントリフォームとは、その名の通り、トイレの一部だけを使いやすい様にリフォームするということです。では、最近のリフォームの傾向や注意点をご紹介します。
■最近のリフォームの傾向
最新型のトイレには貯水タンクが無いものが増えています。つまり、便利と手洗い器が別々になっているものです。そのため、最近ではトイレの側面に別途手洗いのための洗面器を取り付けるタイプのトイレが増えているようです。取り付けるためにはそれなりの広さが要求されると思っている人が多いようですが、トイレの内寸で75~80㎝ほど確保できていれば設置が可能です。
■リフォームの注意点
築年数が古い家だとトイレのドアが内開きになっている場合も多いと思いますが、近年では外開きのドアが主流になっています。これはトイレの中で人が倒れた時にドアが開けられないというリスクを回避するためです。しかし、最近ではスライド式のドアへリフォームする方も増えています。これにより廊下を歩いている人にぶつかることも避けられますし、見た目もスッキリします。1番重要視して頂きたいのは将来的な使用目的、つまりバリアフリーです。人間誰しも必ず歳を取るので、せっかくリフォームをするならバリアフリーは検討してほしい項目の1つと言えるでしょう。
いかがでしょうか?上記のようなことを取り入れつつ、あなたのお家のトイレをポイントリフォームしてみるのもいいかもしれません。

バックナンバー

このページのトップに戻る