水回りリフォームのことなら水回りリフォームなび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-594

スタッフ待機中

24時間365日水回りリフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-594

水回りリフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介お申し込み

2016-10-24

洋式トイレにリフォームしませんか?

現在は洋式トイレが主流になっています。学校や公共施設のトイレも洋式トイレが多く、子どもの中には和式トイレの使い方がわからないという子も増えてきたそうです。しかし、和式トイレにも良いところと悪いところの両方があります。その両者を比較して、メリットの方が大きいと感じましたら洋式トイレへのトイレリフォームをご検討されてはいかがでしょうか。
それでは、和式トイレの良いところとは何でしょうか。まず、和式トイレは洋式と比べて力を込めやすいという利点があります。力を込めやすいという事は排便しやすいという事で、排泄時間も短くなります。また、古い洋式トイレは便座が冷たい事がありますが、和式トイレは便座が無いためその心配が無く、「他の人が座った便座に座るのは嫌だ」という方も安心です。さらに、便器の構造がシンプルなのでお掃除しやすいというメリットもあります。
欠点として、高齢者や妊婦の方などはバランスを崩しやすく危険と言う点が挙げられます。また、排泄時には便器に汚れが付着しやすく、水を流す際には水跳ねが起きやすいという欠点もあります。そのため、衛生面で不快感を覚える方も多いです。
和式トイレも一長一短がありますが、近年の高齢化の流れを考えますと、体の負担が小さい洋式トイレへの交換がお勧めです。実は、高齢者住宅改修費用助成制度を利用すれば、補助金を利用して洋式トイレへのリフォームも可能になっています。要件を満たしている場合は、一度洋式トイレへのリフォームをご検討されてはいかがでしょうか。

バックナンバー

このページのトップに戻る