水回りリフォームのことなら水回りリフォームなび!

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-594

スタッフ待機中

24時間365日水回りリフォーム業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-594

水回りリフォーム業者を無料ご紹介 業者紹介お申し込み

2016-11-28

水回りのコーティング

キッチンやトイレ、浴室をリフォームする際に何を重視すれば良いのでしょうか、使いやすさや快適な環境にすることはもちろんですが、水回りだからこそ、しておいたほうが良い事があるのです。それは、コーティングです。コーティングとは、文字通りキッチンのシンクやトイレの便器、浴室の浴槽などにコーティングを施すことを言います。コーティングを施すことで、汚れや傷などがつきにくくなり、耐久性も上がります。また、汚れがついても簡単に落とせるため、普段の掃除も楽になるのです。特に水回りは、湿気が溜まりやすく、浴室などは掃除を放置していると、あっという間にカビや水垢といった汚れが発生します。これらに汚れは一度発生すると、落とし切るのは容易ではありません。しかし、コーティングを施しておくことによって、これらの汚れ自体が発生しにくくなります。また、キッチンのシンクのように湿気を帯びることで、錆びてしまうことのあるものも、コーティングを施すことで、サビの防止になります。耐熱性の高いガラス被膜であれば、IHヒーターやガスコンロといった高温度の箇所にも塗布でき、撥水性も高いため、使用後の手入れも楽になるのです。また、水回りのコーティングには、場所や用途に合わせて、様々な効果を持ったものがあります。例えば、完全無機というタイプだと、有機溶剤を使用していないため、変色や、自然劣化を防ぎ、カビの餌となる有機質を含まないため、塗膜にカビが生える可能性を軽減できるのです。さらに、基本的には不燃性ですが、万が一燃えてしまっても有毒ガスが出ないため、危険性も低いのです。普段の手入れを楽にするためにも、コーティングリフォームという方法もあるのです。

バックナンバー

このページのトップに戻る